• Home
  • /
  • 制度の概要

制度の概要

当協会のプログラムについて

当協会のプログラムは、事前(渡航前)、ブラジル、事後(帰国後)の 3つの研修が1サイクルとなっているのが特徴です。


1. 「事前研修」

日本で行なう事前研修では、通信教育と合宿研修を通じて、個々人のブラジル留学の目的に応じた目標設定、現地での長期生活で必要な知識や基礎的な言語の習得、国際的な視野を持ち社会に貢献できる人間へとステップアップしていくための準備を行います。


2. 「ブラジル研修」

文字通り「研修」と「留学」の2本の柱の研修になります。

研修留学生は、現地教育機関での授業を履修しながらブラジル各地の研修先で引受先(法人・団体等)が提供する研修を行います。ブラジル到着数日後から帰国直前まで、研修が生活の中心となり、ブラジル社会の一員として現地に深く入り込む生活を行います。

現地での研修は、日系企業、ブラジル企業、マスコミ、教育機関、公益団体、個人商店など、「日本の青少年をブラジルで育成したい」という志を持つ、現地のさまざまな方の協力と厚意によって支えられています。

住居や安全確保、健康管理等生活基盤の構築は、ブラジル在住歴が長く、現地の事情に精通したブラジル本部のスタッフが全面的にサポートします。


3. 「事後研修」

日本へ帰国直後から事後研修に参加します。協会運営スタッフの一員として、翌年にブラジルへ派遣する次期研修候補生の募集、育成に携わりながら、自身のブラジル研修の振返りと今後の目標設定を行います。

Back to Top